低用量ピルとは、いったいどんなものなのでしょうか。低用量ピルを服用することで、身体をコントロールしてる女性が数多くいます。低用量ピルで身体のコントロールをするとはどのようなことなのか、詳しく見ていきましょう。

妊娠・出産に向けて低用量ピルで生理周期コントロール

低用量ピルは、主に避妊のために用いられますが、不妊治療でも使われることがあります。不妊治療での低用量ピルの役割は、次の3つになります。
まず、生理周期をコントロールする役割です。低用量ピル服用中は、排卵が抑制されるため妊娠することはありませんが、服用をやめると生理が来ます。これを利用して、生理周期を安定させたり、体外受精の際の排卵の日程をコントロールします。排卵させることで、排卵誘発剤を使う周期に卵胞を残さず、排卵誘発剤の効果だけで卵胞を成長させることができます。また、治療のやり直しのために生理周期をリセットするのにも使われます。
次に、不妊症の原因となる症状がある場合に、治療する役割です。卵巣嚢腫や子宮内膜症は、不妊症の原因になりやすいのですが、低用量ピルで排卵をとめると進行を抑制することができます。子宮内膜の増殖も抑えられ、嚢腫も萎縮させられます。
3つめが、子宮内膜を維持して受精卵の着床を助ける役割です。体内の黄体ホルモンが元々低い人は、排卵後の高温期が短くなります。その結果、受精卵が着床しやすいように分厚くなっていた子宮内膜が剥がれやすくなって、妊娠しても出産に至らずに流産しやすくなります。低用量ピルには黄体ホルモンも含まれているため、ホルモンの補充がされて、子宮内膜が保たれ、受精卵が着床するのを助けます。
低用量ピルの副作用には、吐き気や頭痛などがありますが、多くは服用するうちに身体が慣れていき、症状が消失します。低用量ピルを飲んだことがない人は、服用することに抵抗を感じるかもしれませんが、医師の指示に従って服用すれば問題はありません。その後の妊娠、出産にも悪影響を及ぼすことはないので、安心して使用してください。