低用量ピルとは、いったいどんなものなのでしょうか。低用量ピルを服用することで、身体をコントロールしてる女性が数多くいます。低用量ピルで身体のコントロールをするとはどのようなことなのか、詳しく見ていきましょう。

低用量ピルやモーニングアフターピルはハーブに注意

低用量ピルは、女性が避妊を目的として飲む経口避妊薬の中でも、薬に含まれているホルモン量が少ないことで身体に与える影響が少ない種類のものです。
低用量ピルは婦人科や産婦人科で処方してもらうことが出来るので、妊娠を望んでいない女性は恥ずかしがらずにこれらの病院に行きましょう。
低用量ピルは妊娠を防ぐという効果の他にも、生理痛が改善するなどの女性にとって嬉しい効果(副効用と呼ばれています)があるため、最近では副効用を目的として飲んでいる人も多くなっています。
その副効用は、低用量ピルを飲み続けることで体内のホルモンバランスが一定に保たれることで得られるものとなっており、生理の周期を安定させたり、生理痛や出血量を軽くしたり、生理前にイライラするなどのPMSの症状を抑える他にも、子宮体がんや卵巣がんになりにくくなる、月経前ニキビが改善するなどのメリットとなります。
さて、低用量ピルは上手く使うと女性の生活の質を上げられる薬となっていますが、服用する時にはハーブなどとの飲み合わせに注意する必要があります。
そのハーブとはセントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)で、サプリや健康食品などに入っていることがありますが、このハーブと低用量ピルを一緒に飲むと避妊効果が低下するなどの良くない影響があるため、注意しましょう。
その他にも、低用量ピルと飲み合わせが悪い薬は意外と多くあるので、他の薬を飲む必要がある時は、医師にピルを使用していることを伝え、併用しても大丈夫かどうかを確認するようにするのがおすすめです。
ところで、日常的に避妊をするためには低用量ピルを継続的に服用することがおすすめですが、コンドームが破れてしまったなどの緊急時に避妊をしたいならモーニングアフターピルを使う方法があります。
緊急避妊薬のモーニングアフターピルは性交後72時間以内に服用する必要があるので、婦人科で処方してもらいましょう。