低用量ピルで身体のコントロール

低用量ピルとは、いったいどんなものなのでしょうか。低用量ピルを服用することで、身体をコントロールしてる女性が数多くいます。低用量ピルで身体のコントロールをするとはどのようなことなのか、詳しく見ていきましょう。

低用量ピルの効果まとめ

低用量ピルの効果は女性ホルモンのバランスを整えることで、子宮筋腫の進行を抑制して、過月経などを予防するというものがありますが、主に避妊のために処方されていて、正しく服用することで90%以上の確率で妊娠を防ぎます。低用量ピルは中用量ピルに比べると副作用が少ないというメリットがあるので、ほとんどの場合は低用量や超低用量のピルが処方されています。低用量ピルは生理周期に合わせて服用しなければならないので、飲み忘れると避妊の効果が消失します。24時間以内ならば2錠服用することで避妊効果を維持することができますが、それ以上の時間が経過すると最初から服用しなければならないので、2週間以上は避妊効果がない状態になります。また低用量ピルを服用していると妊娠することが出来ませんが、妊娠を希望する場合は服用を中止すると妊娠できる状態になります。低用量ピルは女性のホルモンバランスを妊娠している状態にするので、避妊だけでなく、子宮の病気を改善する効果があるので、様々な用途で用いられるようになっています。この薬には血栓症のリスクがありますが、とくに35歳以上で喫煙をしている女性に関してはリスクが高いとされているので、薬を処方しない場合もあります。血栓症は初期の段階で治療をすると重症化を防ぐことができるので、ふくらはぎの痛みや手足のしびれがあった場合には適切な治療を受けなければなりません。血栓症以外の副作用としては、頭痛や腰痛などがありますが、低用量ピルの場合はこれらの副作用の症状は比較的軽いので、問題がある場合には他のピルに変更をして対処します。飲み忘れには注意が必要で24時間以上経過すると不正出血などの症状が出る場合があります。

低用量ピルで身体をコントロールする

低用量ピルは、正しい服用方法を守ることで高い避妊の効果を発揮することが出来ますが、服用することで手に入れられる効果はそれだけではありません。月経前症候群である不安な気持ちやイライラ、頭痛や腹痛など諸症状の改善、定期的な生理周期、子宮の休息など、身体に嬉しい効果を期待することが出来ます。脳が身体は妊娠したと勘違いさせるために、低用量ピルには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されています。黄体ホルモンは女性ホルモンの1つなので、生理周期によるホルモンバランスの変化に関係なく、安定的に女性ホルモンを摂取することが出来、ホルモンバランスも整いやすくなります。また生理前になると女性ホルモンが急激に減少し、その影響で月経前症状郡が起こると考えられていますが、低用量ピルから安定的に女性ホルモンを摂取することで、月経前症候群の改善に期待することが出来ます。また脳が身体は妊娠したと勘違いすることで排卵を止めるように子宮に指示を出すので、排卵という働きをさせず子宮を休めさせてあげられます。子宮を休めることで子宮内膜症等の子宮の治療にも効果を期待することが出来ます。他にも定期的な生理周期を手に入れることが出来れば低用量ピルの服用を止めた後にも生理周期を整えたままにしやすく、服用中止後でも良質な排卵にも期待出来ます。低用量ピルは避妊の効果だけでなく、生活に支障を与えやすい月経前症候群の改善や、妊娠しやすい身体、また妊娠の為の身体づくりに効果が期待できる薬と言えます。ホルモンの影響を受けやすい女性にとって、その症状を改善し、身体をコントロールしやすい状態にする可能性のある低用量ピルは、力強い味方だと言えるでしょう。

低用量ピルを通販で買う人が多い理由

日本で低用量ピルを購入しようと思っても、ドラッグストアや薬局では販売されていません。それは医師の処方箋が必要な処方薬になっているためです。日本国内で低用量ピルを購入しようと思うと、産婦人科などで診察を受けてから処方箋をかいてもらわなければ購入することができません。診察のために病院に行く時間も必要となる上、低用量ピルは診察代も薬代も全額自費で負担しなければいけないのです。日本の健康保険は国民が平等に最低限の医療を受けることが出来るという目的のために作られているもののため、怪我や病気といったものでなければ健康保険が利用できないのです。低用量ピルの場合、子宮内膜症やそれに伴う月経困難症の場合には健康保険を利用して低用量ピルの購入が出来るのですが、避妊や生理不順の改善、ニキビや肌荒れの改善といった使用目的の場合には「その人が怪我や病気以外のために服用する薬」になってしまうので、健康保険が利用できません。そのため1シート28日分の低用量ピルを処方してもらうのに、自由診療のため薬の種類や医療機関によって差がありますが3000円~5000円ほどの費用が掛かってしまいます。しかし通販で購入する場合、海外で販売されている低用量ピルを自分で使用するために個人輸入するという形になるため、医師の診察を受けて処方箋をかいてもらう必要がありません。そのため診察代や調剤薬局で必要な調剤のための手数料も不要になるので日本で処方してもらうものと同じものが低価格で購入することが出来るのです。病院に行く手間も省けるうえ価格が安く、商品は自宅まで届けてくれるというたくさんのメリットがあるため、低用量ピルを通販で購入する人が多いのです。
■女性の悩みである生理通を緩和させましょう!
生理痛緩和する方法